広報担当者に聞く!  製薬企業紹介
  ヤンセンファーマ株式会社(3/3)
    
    
 
● 少し話題を変えて、これまで広報活動で一番印象に残ったことは何ですか?
国府田 ヤンセンファーマでは、毎年3月の終わりから4月の初めにかけて、1年の総括として社長を含む全役員が参加する年次会見を開きます。メディアの方々との良いリレーションシップを図っていきたいという思いで例年開催させて頂いておりますが、入社以来、自分で担当する初めての大きなイベントだったので印象深いことのひとつです。社長が登場するということもあり、ヤンセンファーマの企業イメージを左右するイベントともなるので、出来るだけ細かい部分にも気を配るよう配慮しました。
    
 
 
● 苦労も多そうですね。
国府田 私、実はヤンセンファーマに入社してきてちょうど1年ほどになります。前職はコンシューマー向け製品を扱う会社にいて、そこでも広報の仕事をしていたのですが、全く違う業界にきてしまったので当初は戸惑いました。医療用語って普段全く接することがない言葉ですよね。最初の頃は日本語で資料を読んでいるのにも関わらず、内容が全く理解できませんでした。外国語のようで(笑)。記者の方から「この製品の作用機序を教えてください」と聞かれても、作用機序って何のこと?という感じでした。また医療用語は薬の名前などカタカナも多いのも困りました。漢字だったらなんとなくイメージも掴めるのですが、カタカナだと何のヒントもないので、慣れるまでは苦労しましたね。周りの方々のサポートのおかげでなんとかこれまでやってくることが出来ました。
 ただもちろん苦労ばかりではありません。医薬品は人の生命に深く関わるもの。病気で本当に困っている方々に貢献させて頂くことができるという点では、大きなやりがいを感じています。
    
 
● 今後の課題や目標はありますか?
国府田 まだまだ専門知識が足りないので、医療業界や製品のことを勉強していかなければならないと思っています。またヤンセンファーマの知名度をもっと高めていきたいですね。当社のことは医療関連の方々にはもちろん知って頂いていますが、J&Jに比べると一般的にはまだ低いと思っています。今後、複数の新薬が毎年出てくる予定もあり、会社の規模が大きくなっていくことが想定されます。良い人材を確保していく上でも、幅広い層にヤンセンファーマのことを知って頂く機会を創っていきたいと考えています。個人的には英語をもっと上達させて、仕事でも不自由なく使えるようになりたいです。チャレンジしがいのある遠い道のりですが(笑)
    
 
● ありがとうございました。
  
国府田さん
 マイブームは、最近はじめたゴルフと、子どもの頃に読んだ「シャーロックホームズ」という国府田さん。とても気さくで、笑顔のステキな方でした。
     
  
ヤンセンファーマ株式会社

代表者:代表取締役社長 関口康
本社所在地:〒101-0005
  東京都千代田区西神田3−5−2
従業員数/MR数:
従業員1500人/MR数799人
(06/12)
    
   ↑目次へ   ←戻る