苦戦続くかぜ薬
06年のかぜ薬市場 持ち直すとの見方も
多様な症状・ニーズ・製品 店頭対応がカギ
 2005年度の大衆薬市場は、前年比マイナス1%で4年連続のマイナス成長だった。薬効群ではドリンク剤、総合感冒薬、水虫用薬、解熱鎮痛薬など大半のカテゴリーがマイナス成長となった。プラスになったのは、新製品が市場拡大に貢献した胃腸薬、毛髪用剤のほか、特定保健用食品をはじめとする周辺領域。
 市場調査会社の富士経済によると、感冒関連用薬は、総合感冒薬、解熱鎮痛剤を中心に1300億円を超える大きな市場を形成している。PPA配合製品の販売中止や暖冬により風邪やインフルエンザがあまり流行しなかったこと、鳥インフルエンザ報道により医療機関の利用が増えたことなどから、市場は減少推移となっている。06年は、規模の大きい総合感冒薬、解熱鎮痛剤はやや持ち直しているものの、花粉飛散量の減少により鼻炎治療剤が大きく落ち込み、市場全体では微減とみられる。
 感冒薬は治療薬的性格が強く、患者の症状は鼻水、鼻づまり、のどの痛み、発熱、咳、頭痛という具合に、ニーズは「眠くなると困る」「水なしで服用したい」「昼間(昼食後)服用するのが難しい」のように症状やニーズは様々だ。それに対応して製品も多様化している。などさまざまだ。
 店頭ではこれら製品の特長を踏まえ、患者の症状、ニーズにあったものを選び、疾患情報などとともに提供することが重要だ。治療の場としての機能を高めることが、患者の信頼獲得に繋がる。
 本号では、製薬各社の感冒薬およびかぜ関連製品を紹介するとともに、東京・墨田区のサカイ薬局の栁正明氏に店頭対応で心がけていることを聞いた。
製品紹介価格はすべて税込み
エスエス製薬エスタックイブエース
エスタックイブエース エスエス製薬のかぜ薬「エスタックイブエース」は、かぜに多い4大症状(熱・鼻水・のどの痛み・咳)に対応した処方設計。イブプロフェンが発熱やのど・鼻の炎症を抑え、ヨウ化イソプロパミドとマレイン酸クロルフェニラミンが鼻水・鼻づまりを改善し、3種の鎮咳去痰成分リン酸ジヒドロコデイン、塩酸メチルエフェドリン、ノスカピンが咳・痰に効果を発揮する。また、かぜのときに消耗しがちなビタミンC・B1も配合しており、かぜにより低下した体力の回復をサポートする。
 同社は、販促活動として一部の取引先の店頭で、のど飴をおまけとして付けたエスタックイブエースを販売する。27錠=1523円、42錠=2205円、60錠=2950円。

小林製薬のどぬ~るスプレー
のどぬ~るスプレー 「風邪をひいてのどを痛めた時、お医者さんがのどに直接薬を塗ってくれる様に、家庭でも患部に直接お薬を塗れないものか?」との発想から生まれた「のどぬ~るスプレー」、同社の看板ブランドの一つに成長した。同剤の特長は、①のどの炎症の原因となっている細菌などを有効成分の「ヨウ素」が殺菌・消毒②のどの奥の患部にあたりやすい長いノズルで確実に効目が届く③メントールの清涼感で後味もすっきり④携帯しやすく必要なときに使用できる(携帯用袋付き)など。
 「のどぬ~る」シリーズは、コンパクトな「のどぬ~るスプレーミニ」、子供向けにイチゴ味へと処方を変えた「のどぬ~るスプレーキッズ」、せき、たん、のどの痛みに効く「のどぬ~るトローチ」などがある
 のどぬ~るスプレーミニ(8mL)=892円、のどぬ~るスプレー(15mL)=1155円、のどぬ~るスプレー大容量(25mL)=1575円、のどぬ~るスプレーキッズ(15mL)=1155円、のどぬ~るスプレーEXクール(15mL)=1155円。

佐藤製薬ストナジェルサイナスS
ストナジェルサイナスS 佐藤製薬のかぜ薬「ストナジェルサイナスS」は、8つの有効成分を液状にしたジェルカプセル。副交感神経を遮断し、鼻汁分泌を抑えるベラドンナ総アルカロイドと眠くなりにくい抗ヒスタミン剤塩酸ジフェニルピラリンを配合し、鼻水・鼻づまりに効果を発揮する。また、dl-塩酸メチルエフェドリン、塩酸ノスカピンなどの4つの鎮咳去痰成分が、せき・たんを鎮める。11才から服用可能。
 販促活動は、主に店頭でのディスプレイに注力し、ビッグボックスの設置などで注目を集める。また、テレビCMには、引き続き星野仙一氏を採用し、新しく「あなたに届け篇」を放送中。24カプセル=1659円、36カプセル=2289円。

ゼファーマプレコール持続性カプセル
プレコール持続性カプセル ゼファーマは、主力の総合感冒薬「プレコール持続性カプセル」に使い切りサイズの3日分12カプセル入りを6月に発売した。同剤は、朝食後と夕食後の1日2回の服用で効果を発揮する。解熱鎮痛剤イソプロピルアンチピリン、アセトアミノフェンなどを配合。仕事などで昼食時に薬を服用するのが困難な人たちにぴったりだ。
 販促活動に関しては、今年は、新たなCMキャラクターにタレントの中山エミリを起用。また、薬局・薬店の店頭に中山エミリをデザインしたポップやシール、ポスターなどを設置する。12カプセル=1365円、20カプセル=1890円、30カプセル=2520円。プレコールブランドの06年度の目標売上高は、29億円。

第一三共ヘルスケアルルアタックIB」「新ルルAゴールド
ルルアタックIB 第一三共ヘルスケアは、「休めないあなたに」をテーマコピーとした大人向けのかぜ薬「ルルアタックIB」を8月に新発売した。「ルル」シリーズでは初となる、発熱・発痛物質プロスタグランジンの合成を阻害し、熱を下げ、のどの痛み、頭痛、関節・筋肉の痛みを緩和するイブプロフェンを配合した。また、せきの原因の一つとなるたんを出しやすくする塩酸ブロムヘキシンや鼻水・くしゃみを抑制するフマル酸クレマスチンも配合し、つらいかぜの症状に効果を発揮する。18錠=1103円、36錠=1733円、27錠=1418円、45錠=2048円。
 また、家族用常備薬としての「新ルルAゴールド」は、イブプロフェンが配合されていないため、子どもも服用できる。30錠=924円、65錠=1764円、100錠=2394円、16カプレット=1103円、24カプレット=1523円。
 同社は、パーソナルユースまたはファミリーユースという点を訴求する方針。

大正製薬パブロンSゴールド」「パブロンエース
パブロンSゴールド 大正製薬の主力かぜ薬は、家族用の「パブロンSゴールド」と大人専用の「パブロンエース」。家族用と大人専用で幅広いユーザー獲得を狙う。パブロンブランド全体の06年度目標売上高は、263億円。
 「パブロンSゴールド」は、ウイルス感染が原因でおこる、かぜの不快な症状を和らげる。たんを出しやすくする塩酸ブロムヘキシンと塩化リゾチーム、せきをしずめるリン酸ジヒドロコデインとノスカピンなど合計10種の成分を配合。のどの痛み、せき、鼻みずなどに効果を発揮する。希望小売価格は、微粒15包=2625円、10包=1995円、6包=1365円、錠剤は90錠=2310円、65錠=1785円、45錠=1365円。
 「パブロンエース」は、3種類の基準外成分(塩酸ブロムヘキシン、イブプロフェン、塩化リゾチーム)をはじめ、10種類の有効成分を配合した大人(15才以上)専用のかぜ薬。かぜで特につらい4症状(のどの痛み・せき・熱・鼻みず)に効果を発揮する。顆粒は14包=2604円、10包=2079円、6包=1449円、錠剤は45錠=2079円、30錠=1659円。

武田薬品ベンザブロック
ベンザブロック 武田薬品のかぜ薬「ベンザブロック」は、「のどからくる人には銀(L)」、「鼻からくる人には黄(S)」、「熱からくる人には青(IP)」のように初期症状により飲み分けができる。
 「ベンザブロックL」は、解熱・鎮痛作用を有するイブプロフェンが、のどの痛み・発熱などを改善。特にのどから来るかぜの症状に効果を発揮する。18カプレット(錠)=1733円、30カプレット(錠)=2499円、錠剤は30錠=1575円、45錠=2079円。
 「ベンザブロックS」は、鼻汁の分泌を抑えるヨウ化イソプロパミドと、抗ヒスタミン成分のd-マレイン酸クロルフェニラミン配合で、鼻水・鼻づまりを主に改善する。18カプレット=1418円、30カプレット=1869円、錠剤は36錠=1575円、60錠=2079円。
 「ベンザブロックIP」は、イブプロフェンの解熱・鎮痛作用により、特にかぜによる悪寒(寒気)・発熱・頭痛・のどの痛みなどに効果を発揮する。18カプレット=1733円、30カプレット=2499円、錠剤は30錠=1575円、45錠=2079円、細粒は10包(1.2g×10)=1733円。

ロート製薬ドリスタン
ドリスタン 「ドリスタン」は、お湯や水に溶かすドライシロップタイプのかぜ薬。錠剤や顆粒、カプセルなどが苦手な人でものみやすく、しかも口あたりのよいレモン味(「ドリスタンL2」とアップル味(ドリスタンG2)の2種類の味を用意している。また、お湯に溶かしてのむことで身体が暖まり、アセトアミノフェン、臭化水素酸デキストロメトルファン、グアヤコールスルホン酸カリウム、マレイン酸クロルフェニラミン、ビタミンC の 5つの有効成分が、かぜの諸症状の緩和に効果を発揮する。
 ドリスタンL2(レモン味)6包=840円、12包=1575円。ドリスタンG2(アップル味)6包=840円、12包=1575円。ドリスタンジュニアG2(アップル味)6包=1029円、ドリスタンジュニアL2(レモン味)6包=1029円。

(薬事ニュース 2006年11月3日号掲載)
*メーカーサイトへのリンクは作成時でのリンクとなっています。古い記事の場合、リンク切れになっている事がありますのでご注意ください。