胃腸薬市場の今
回復に向かうか胃腸薬市場
新製品が寄与
 整腸剤、止しゃ薬を含め胃腸薬、消化器用薬は、薬局・薬店にとってかぜ薬と並ぶ大きな売り上げの柱だが、景気動向に影響を受けやすいことや、プライベートブランドの成長などの影響を受け、市場の縮小が続いてきた。
 しかし、健胃薬や整腸薬の医薬部外品への移行など市場環境の変化があった2004年度を底に回復の兆しが見えたのが05年度だ。
 市場調査会社の富士経済によると、05年度の胃腸薬市場は前年比微増の469億円、06年度は470億円を見込んでいる。胃腸薬市場は、総合胃腸薬、健胃・消化薬、制酸薬、鎮痛鎮痙胃腸薬、胃腸内服液の5薬効を対象とし、総合胃腸薬が60%強、制酸薬が20%強を占める。微増の背景について、富士経済は、H2ブロッカーの「ガスター10」(ゼファーマ)が伸長したことや、総合胃腸薬や制酸薬では、上位企業がテレビなどでの広告宣伝を積極的に展開していることを指摘。06年はわずかながらも増加すると予測している。
 また、整腸薬、止しゃ瀉薬、便秘薬、駆虫薬の4薬効を対象とした消化器官用薬の05年度の売上高は261億円。06年度は266億円を見込予想する。
 整腸薬は、乳酸菌の機能研究が進み、乳酸菌を配合した新製品などが好調で、医薬部外品を含めた売上高は04年度から増加。05年度は90億円、06年度は98億円を見込む。
 便秘薬は、便秘に悩む女性は多く、慢性的な症状を有する人も少なくないことから一定の市場を確保している。植物性成分を訴求した新製品の発売により、より緩やかな効き目を求めるユーザーを開拓し微増推移してきたが、05年は需要が一巡したことから微減の174億円の市場となった。
 止しゃ薬は「正露丸」が圧倒的な強さを持っている市場であったが、03年にライオンが水なしで服用できる「ストッパ下痢止め」を発売し市場は拡大した。
 新製品により、市場が活気づいてきた消化器用薬市場。患者は胃腸症状について充分に説明できないことも多い。
 ストレスの増加や食生活の欧米化に伴い、胃の痛みや下痢、胃のもたれや胸やけなどの胃腸症状は、最も身近な身体のトラブルのひとつだが、患者それぞれ、症状、要因はさまざまなうえ、個人のニーズも多様化している。
 店頭対応の中で、具体的な症状や生活習慣などを探り、的確なアドバイスを行う技量が問われることになる。
店頭対応の重要性増す
(薬事ニュース 2006年8月25日号掲載)